読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢は関係ないと言うけれど

夫にいつも言われること。「あんたは人の年齢をいつも気にしすぎる」

日本では敬語と尊敬語の使い分けの間違いや言葉そのものを間違えてとらえることや使い方など「現代の若者は敬語や尊敬語がなっとらん」という論議がよくあるが、韓国では敬語を子どもの頃からきちんと教わる。若者でも敬語を使い、他人でも身内でも年が一つでも上であれば敬語を使う。韓国では日本以上に上下関係が厳格だからだ。それは儒教思想に基づいているのだと、大人になってから知った。

私は在日韓国人2世の両親に育てられ、また親戚付き合いなどを通じて、日本に住みながらも儒教思想に触れて育った。父方の在日韓国人1世の祖母も同居していたので、こういう言い方は合ってるかわからんが家庭はさながら「小韓国」であった。

年上なら敬語を使い慕わねばならないし、年下なら慕われる身。もし間違いがあれば人間関係上失礼な行為である。コミュニケーションする相手の年齢を知ることは「無礼者」かそうでないかという重要な意味をなすのだ。


日本では、70年代以降のカウンター・カルチャーの影響がじわじわ「年齢で先入観を持たず、その人となりを会話から引き出してコミュニケーションしようぜ」「年齢を聞くことは男性優位社会や封建社会の悪しき習慣」という「欧米式で行こう」的な思想を広げている。年齢を聞くのなんて野暮でしょ、というわけである。


大げさに言うと、年齢を確認することは韓国人の日常的なたわいもない営みであり、アイデンティティでもあるのだ。私は日本語を使い日本の教育を受けてきたので基本は日本人なのだが、年齢を知りたいと思う時は韓国人なんだなぁとじんわり気がつくのだ。まぁ、私も日本の敬語や尊敬語や謙譲語の違いはあんまりよくわかってないが。

まぁ、そういうことだから年齢気にするのは多めにみてくれや>夫氏